猫グッズ販売しています(=^・^=)

【体験談】嘘を繰り返す子供の理由と対処方法

どうも!

看護師の松田です。

 

今回は、子どもが学校から持ってきたPTA新聞5月号に、「嘘を繰り返す子供への接し方」という記事があったのでシェアしたいと思います。

 

なぜ、この記事に共感したかというと、私自身が22歳まで「めちゃくちゃ嘘つき」だったからです。

なので、他人事と思えず、きっと困っている人もいると思ったのでまとめてみました。

子供が嘘をつく理由

PTA新聞によると、子どもが嘘をつく理由は主に5つあります。

①自分に注目して欲しい時

②自分に都合の悪い事を隠そうとする時

③友達に見栄を張りたい時

④厳しすぎて本当の事が言えない

⑤親を自分の思いのままに動かしたい

私も小学2年の担任がとても怖く、忘れ物をしたら激怒され廊下に立たせられるのが嫌でした。

 

なので教科書を忘れた授業の前、「お腹が痛い」と仮病を使って何度も保健室で寝ていた事があります。

 

また同級生に、③の友達に見栄を張りたい時の嘘をよくついていた子がいました。

 

その子は小学生の頃「俺、ビックリマンチョコ100枚持ってる!」とまぁ…可愛い嘘でしたが、大学を卒業してから「今、○○の大学院で研究してるんだ!」と平気で嘘をつく話を聞いた時は深い闇を感じましたね…汗

子供が嘘をつく時の対処・対応

そして、嘘を繰り返す子供の対応としては4つあります。

①嘘をとがめない

②嘘はよくない事を話す

③嘘をつかない事の良さを話す

④親が嘘をつかない

嘘をとがめない

いきなり怒ったり、「何でそんな嘘をつくの!」と、強く叱るのは子どもが理由を話さなくなるので注意が必要です。

まず、話せば理解してもらえると安心感を与える事が大切です。

嘘はよくない事を話す

嘘が繰り返し行われるのは、嘘がとおったり、バレたとしても謝ってすんでいたからです。

ですから、嘘をつくことで自分や周囲の人達に不都合な事が起こるなど、具体的に子供に話す事が大事です。

 

私は小学生の頃、お年玉で買ったワンワンミシンをすぐ壊し、それをヒステリックな母にバレたくないので、家の近くにある山の土の中に埋めた事があります。

 

いまだにそれはバレていませんが、あの時母が「そういえばあのミシンどうしたの?」と優しく聞いてくれたら私は嘘を繰り返してつく事はなかったかもしれません。

嘘をつかない事の良さを話す

接し方としては、嘘をつかない事の良さを子供に話してあげる事です。

正直に話せば信用して貰える事がわかると子供は安心するので、嘘をつくのはよくない事、正直に話す事は良い事と繰り返し話す事が大事です。

 

都合が悪くなると嘘をついていた私ですが、就職して先輩に怒られてから正直に話す事で胸のつかえがとれた感じがしました。

 

仕事で失敗しても「あーだこーだ」と嘘を言うより「すみませんでした!」と、謝る方が楽だと22歳で気づいた私…(泣)

親が嘘をつかない

子供は親の背中を見て育つといいますが、まずは親が嘘をつかない事が大切です。

過ちがあれば親も素直に謝っていくと子供も嘘をつかなくなると思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、嘘を繰り返す子供への接し方をまとめてみました。

 

おそらく私は、本当の事が言えずヒステリックな親の元で育ち、嘘を重ねるようになったと分析しているんですが、ここで補足して言いたいのは「嘘=悪」ではないという事です。

 

子供が繰り返し嘘をつく理由を大人がもっと理解して欲しいのです。

 

そして、そんな生き方をしなくても、楽な生き方が出来る事を伝えて欲しいのです。

 

なので自分の子供には素直に謝り悲しい嘘はつかないようにしています。

 

私の様に22歳まで嘘つき人生だと、就職してから本当に困りました…

 

ですから皆さんも子供が繰り返し嘘をつくようになったら早め早めに対応して下さいね。

ではでは!

 

関連記事

私が就職し嘘をついた記事はコチラ

子供のころ不適切な療育をうけていた記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください