猫グッズ販売しています(=^・^=)

【看護師の仕事内容】特別支援学校のメリット・デメリット

どうも!

転職ナース松田ですw

 

今回は、勤めて分かった養護学校(特別支援学校)で医療的ケアを実施する看護師メリット・デメリット(私の場合)を書きました~

これから養護学校に勤めてみたい方へ参考になれれば幸いです。

医療的ケアー養護学校の看護師デメリット

それでは早速デメリットから…

①医師が近くにいない為、急変時に看護師の負担が大きい

私が勤めている養護学校は、医師の指示書はありますが病院は近くにありません。

また、子供たちの住む場所によって、車で1時間~2時間かかるかかりつけ医の場合もあるので、急変時とても不安になります。

もし養護学校の看護師を経験したい方は、病院が併設されている職場をお勧めいたします。

②看護師の数が少ないと精神的負担が大きい

ある学校では、医療的ケアが必要な子供4~5人を1人の看護師が対応していたらしいのですが、精神的負担が重くのしかかり、突然学校に来なくなったらしいんです。

もちろん、医療的ケアが必要な子供たちが学校へ行けなくなるので、新しい看護師がくるまで保護者が対応したらしいのですが、それも困った話ですよね…汗

 

それから、色々あり看護師2名体制になったらしいのですが、看護師が少ない職場へ行くと休みも取りづらいし、1人で判断を迫られるので、複数体制の職場がいいと思います。ちなみに私は、複数体制の職場です。

③子供と保護者、担任の先生に気を使う

子供の送迎を保護者がする場合、結構気を使います。

中には、気切部のカニューレを朝学校へ来た時に交換されたり、気切部の痰を引くのを自宅では一切しないで、学校へ来る保護者もいます。

なので、朝バタバタしている時に、ネブライザーから始めたりしないといけない子供がいたり、苦手な保護者がいると朝からどっと疲れます。

あと、家庭によって清潔不潔が全く違うのもビックリしましたね…

 

保護者といえば、2015年鳥取県で養護学校の看護師が一斉辞職するニュースがありました。

鳥取県立鳥取養護学校(鳥取市)で看護師6人全員が5月下旬に一斉辞職し、医療的ケアが必要な児童・生徒の一部が一時、登校できなくなる事態が起きた。

県教委などによると、保護者からケアの遅れに対し繰り返し批判を受けたことが理由で、「うちの子を殺す気か」などと強い調子で迫られることもあったという。

背景には要員不足の事情があり、県教委も人員配置や学校側のフォロー体制の不備を認め、改善に乗り出したが、保護者との和解はできていない。

引用リンク 産経WEST

たぶん「うちの子を殺す気か!」と、保護者に詰め寄られたら、私も99・9%辞職するでしょう…

また、担任の先生が殆ど移乗やトイレ介助を行うので、子供たちにあまり触れないのも気を使います…汗

知らなかったのは、てんかんやひきつけを児童生徒が起こし生命が危険な場合、坐薬を自ら挿入できない本人に代わって、教職員が医師の書面を遵守し、プライバシーを考慮しながら手袋をつけて坐薬を挿入できるんですよ。

 

介護の現場でも医療行為のグレーゾーンにとまどいましたが、学校の現場でも似たケースがあります。

④家庭によって医療的ケアの必要物品が微妙に違う

例えば、痰を引く物品も家庭によってビンだったり、プラスチックだったり大きさも形も様々です。

イリゲーターの後片付け方法も、先端にキャップをする所もあればしない所もあるので、家庭ごとにそのやり方を覚えるのに最初は苦労しました。

⑤児童生徒の死はつらい…

養護学校の児童生徒の死を学校メールで受け取るたびに、悲しくなります…

医療的ケアー養護学校の看護師メリット

なんか悪い所ばっかりですね…

一応メリットも書きますw

①夏休み・冬休み・春休み・土日祝・GW休みがある

長期休みがあるのが嬉しいです!

子供と一緒の休みになるので、子育て中のママなら養護学校の看護師はありだと思います。

土日もたまにある学校行事以外は休みなので、家族との時間が多く取れます。

②時給が高い

私が住んでいる地域の病院・クリニック時給は、1時間1000円前後ですが、養護学校の時給は1500円で、+交通費も出ます。

ただし短い時間で、高収入はありがたいですが、扶養範囲で検討している方は収入が規定内で超えないよう注意が必要です。

③複雑な医療行為が殆どない

急変時を除いて、普通の日は医師からの指示書通りに痰を引いたり、胃瘻部からの注入をすればいいので複雑な医療行為がないのもいいです。

また、注射もしないので、針を刺す事が苦手な看護師にはお勧めです。

よって新しい医療を多く学びたい方は、養護学校はお勧めできません。

④難病・療育の学びが出来る

今まで私は、成人や高齢者担当の職場が多かったので、児童生徒の疾患に対して知らない事が沢山でしたが、難病や療育を学びながら働けるのはありがたいです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、養護学校の看護師のデメリット・メリットー私の経験談を書いてみました。

今後子供好きで養護学校に興味ある看護師さんへ参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください