猫グッズ販売しています(=^・^=)

学校給食、戦後と今の役割ってこんなにも違うの?

こんにちは。

子供のころ好きだった給食メニューは

ソフト麺でした!

看護師の松田トロです。

 

皆さんは、毎年1月24日~30日が学校給食の意義や役割について理解を深め関心を高める全国学校給食週間である事を知っていますか?

私はつい最近知りましたw

 

そして、それを知ったちょうど1月に父の四十九日で親戚のおじさん、おばさん達と給食について話す機会があり、今と昔の給食の差にビックリしたので、色々調べてみたいと思い今回まとめてみました。

 

結論から言うと、戦後の貧しい時代は栄養不足を補う事が目的だった給食は、今や社会や家庭科など各教科と関連して「生きた教材」として扱われるようになっています。

 そもそも全国学校給食週間って?

1月24日から1月30日までは、全国学校給食週間です

我が国における学校給食は、明治22年に始まって以来、各地に広がっていきましたが、戦争の影響などによって中断されました。

戦後、食糧難による児童の栄養状態の悪化を背景に学校給食の再開を求める国民の声が高まるようになり、昭和21年6月に米国のLARA(Licensed Agencies for Relief in Asia:アジア救済公認団体)から、給食用物資の寄贈を受けて、昭和22年1月から学校給食が再開(「学校給食実施の普及奨励について」昭和21年12月11日文部、厚生、農林三省次官通達)されました。

 

同年12月24日に、東京都内の小学校でLARAからの給食用物資の贈呈式が行われ、それ以来、この日を学校給食感謝の日と定めました。

昭和25年度から、学校給食による教育効果を促進する観点から、冬季休業と重ならない1月24日から1月30日までの1週間を「学校給食週間」としました。

引用リンク文部科学省ホームページより

補足すると、学校給食は、明治22年に山形県鶴岡町(現 鶴岡市)私立忠愛小学校で、貧しくてお弁当を持ってこられない子供達を対象に昼ご飯を出したことが始まりと言われています。

 

戦後はアメリカの民間団体から援助物資(ララ物資)で給食が再開されたんですね。

 

そして、昭和22年の献立内容例として有名なのは

ミルク(脱脂粉乳)と

トマトシチューのみ!

 

汁物ばっかりで、ご飯やパンもなかった時代があるんですね。

学校給食がなかった、始まった。おじさん、おばさん達の思い出

四十九日で、親戚のおじさんやおばさんが、給食について色々教えてくれました。

鹿児島出身の昭和22年おじさんA、昭和24年生まれのおじさんBの兄弟は…

「俺は、学校給食を一度も食べた事がない!だけどBは給食が始まってたから俺より身長が伸びてるだろう?いいよな~俺なんか、白米もめったに食べれず芋ばっかり!おかずも塩か梅干しだけの弁当だったから半分隠しながら食べてたわ!」

 

また、山形に幼少期住んでいたCおじさんは…

「弁当だったよな~、山形は弁当を温めるのに石炭係がいたもんだ…あんパンも2個で5円の時代だった」

 

そして、宮崎のおばさんDもこう言いました。

「うちは昭和27年生まれだから、週1~2回パンと脱脂粉乳の日があったわよ。他の日は弁当で、鶏を飼ってたから毎日弁当に卵焼きが入ってて嫌だったわ。だけど当時の卵は貴重で、周りの子達からチョウダイ!チョウダイ!って言われてた。市場で卵と佃煮を交換してもらって弁当に入れてもらってたわよ」

と、弁当や給食の思い出話がつきませんでした。

 

色々調べてみると全国学校給食会連合会 に学校給食の歴史が詳しく書いてあり、やはり都市部や地方によって給食開始が違う事がわかります。

学校給食 ←こちらのサイトも画像付きで分かりやすいです。

 

そういえば、昭和23年生まれの父が生前に

「戦後の貧しい時代を思い出すから脱脂粉乳は二度と飲みたくない!」

「とにかく腹が減ってたから、野草のノビルの根っこを食べてたわ!」

と言って、小さいころ私にノビルを食べさせてくれましたが(らっきょうみたいで、私は苦手w)昔を比べるといかに今、贅沢をしているかが分かります。

アラフォーの私は脱脂粉乳ではなく、牛乳にミルメークを入れるのが楽しみでした。

現在の学校給食の意義とは?

このように、戦後は貧困児童を栄養不足から救う事が大きな意味をなしていましたが、現在は下記のように社会や家庭科の時間など、各教科等と関連して指導が行われるようになっています。

 

平成21 年に改正された学校給食法にその目的として、「学校給食が児童及び生徒の心身の健全な発達に資するもの」「学校給食の普及充実及び学校における食育の推進を図ることを目的とする。」と極めて有効な教育的役割が期待されており、この目的を実現するために次の目標が達成されるよう努めなければならないとされています。

(1)適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。

(2)日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと。

(3)学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。

(4)食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。

(5)食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと。

(6)我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。

(7)食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと。

引用リンク 第2章 学校給食の意義と学校給食従事者の役割

 

例えば、我が家の小学5年生、長男の社会科教科書を見てみると、給食の話題から食べ物の産地マップを作る学習が書かれていたり、家庭科の教科書には給食の献立から使われている食品をピックアップして、五大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質、無機質、ビタミン)のグループに分け、それぞれのはたらきを学習しています。

 

このように現代の学校給食は栄養を摂取するためだけではなく、地域の食材や郷土料理を学んだり、バランスよく食品を選択する方法、食事のマナー、感謝する心を学ぶ教材として役割があるといえます。

 

子供たちの食生活を取り巻く環境が大きく変化し、偏った栄養摂取、肥満傾向など、健康状態について懸念される点が多く見られる今日、学校給食は子供たちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けるために重要な役割を果たしています。

学校給食週間においては、このような学校給食の意義や役割について、児童生徒や教職員、保護者や地域住民の理解を深め関心を高めるため、全国で様々な行事が行われます。

引用リンク文部科学省ホームページより

最後に…

いかがでしたか?

私の場合、子供達の給食献立はカレーが被らないように見るだけでしたが、今回、全国学校給食週間を知った事で、戦後の給食状況や現在の生きた教材としての意義や役割を知る事が出来てよかったです。

そしていかに今が裕福であるかを知りました。

 

ご飯を1粒も残さずきれいに食べる おばさん。

「今の人たちは食べ物を粗末にしすぎている!もう一度、あの貧しかった頃に戻れば、きっと食べ物のありがたさが分かる!」

と、興奮しながら話をしていた おじさん。

私はこの週間を知り、学校給食の事を考えるいい機会になりました。

皆さんもご家庭で給食について話をしてみてはいかがでしょうか?

ではでは…。

小学校の今と昔の違いでアラフォーママがビックリした事【7選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください