猫グッズ販売しています(=^・^=)

【へこむ、悲しい実習思い出】看護教員のミスを看護学生のせいにされた話

トロ

こんにちは
実習は地獄です
看護師の松田です

 

今回は、看護実習で患者さんの毛(毛を剃る事)の実技を行う際、看護教員のミスをまるで私がやったかのようにされた悔しくて恥ずかしい体験談を書いていきます。

まずは剃毛の昔と今をおさらい

私が看護学生だった約20年前は手術前日に剃毛をする事が当たり前でした。

 

当時は感染予防や術野の邪魔にならないようにする、毛が創内に混入するのを防止、皮膚切開や縫合がしやすい、テープが貼りやすいといった目的が主でした。

 

しかし今は患者さんへの不安や羞恥心の軽減、そして剃毛により逆に皮膚を傷つけ細菌を増やすことになるので実施する所が殆どなくなりました。

 

(ただし、剛毛の人で術野が見えにくい場合は少し毛を減らす時はある。)

 

そして、日本手術医学会 2013年 手術医療の実践ガイドライン(改訂版)第7章 手術と感染防止にもきちんとこう書かれています。(SSIのところ一部補足)

 

手術部位や周辺の体毛について、手術の支障にならない限り、除毛は行わないのが原則である。

(中略)

剃刀による剃毛を避けることは広く知られるようになった。

剃毛を行うと、必ず小さな創ができ、そこに細菌感染を起こしてSSI(手術部位感染)の発生率が上昇するためである。

除毛に関しても同様の危険性があるので、創のつきにくい電気クリッパーを使用して、手術直前に行うことが推奨される。

除毛クリームに対して過敏性がないことが明らかにされていれば除毛クリームを使用することも可能である。

 

とまあ…今は殆ど行われなくなった剃毛ですが、今回の話は看護学生が剃毛をしていた時代の話です。

手術前の剃毛を看護学生が行う

担当の患者さんが明日手術をするとの事で、私は看護師さんに聞き、剃毛の準備をしました。

そして、その病院では普段私たちが眉毛を剃るときに使う剃刀(カミソリ)を使っていました。

患者さんに説明をして泡を皮膚につけていざ毛を剃っていると

 

私がします!

代わって!

と、そばにいた看護教員が言いました。

 

え?

先生がするの?

と、一瞬思いましたが、おそらく私の手がおぼつかなくて不安だったのでしょう。

看護教員は私と代わって患者さんの毛を剃りだしました。

しかし看護教員(先生)が剃った所にキズができていた!

実際に私が剃った部分は2センチ×2センチ位だったでしょうか?

もちろん出血するようなキズはつけていません。

しかし、看護教員が剃った所はキズがついて数か所、出血していました。

 

私は

「ベテラン看護師でもキズがつくんだな…」

と思いつつ先生には何も言えませんでした。

手術前に看護師や医師に笑われた

そして次の日にその患者さんは手術を迎えました。

もちろん私は受け持ちだったので、手術室見学も実習の一部です。

ガウンに着替えてオペ室に入りました。

するとオペ室で小さく笑い声が聞こえたのです…

 

「クスクス…これ、キズついてるじゃん」

「あ~ま~実習生ですから…クスクス…」

 

この会話を聞いて、昨日看護教員がした剃毛の事だとすぐに私は気づきました。

しかもその看護教員は私とオペ室にいてその会話を聞いているのに

 

「はぁ?何それ?私じゃないわ!」

 

という顔をしています。

 

その無責任な先生の顔を見て、私はとても悔しかったし、やってもいない事を自分のせいにされ、悲しい気持ちでいっぱいでした。

 

もちろんその後、看護教員からお詫びの言葉もありません。

これは私のミスいう事にされたまま実習は終わりました。

実習中、看護教員と看護学生との溝が出来ないために…

私がここで一番言いたかった事は、看護実習というのはとても孤独で、患者さんや病院の看護師さんとのやり取りも負担な中、こういった唯一味方であって欲しい看護教員が学生を裏切る行為をしたという事です。

 

確かにオペ室では言えなかったとしても後からでもいい。

 

師長から大学の教授となり経験やプライドもあり言いたくなかったかもしれませんが、学生に

「ゴメンね…」

という謝罪があってもよかったのではないでしょうか?

(もちろん患者さんにも!)

 

こういった小さな積み重ねが看護教員と看護学生との溝を深めていくと私は思います。

最後に…

今回は看護学生の頃に看護教員のミスを、まるで私がしたかのようにされた体験談を書きました。

皆さんが私のような体験をしたらどうされますか?

若い頃の私は看護教員の立場や大学の立場を考えて自分の心の中にこの事をしまいましたが、今だったらこう言いたいです。

 

確かにおぼつかない手で剃毛していた事は認めます!

だけど…あのキズはあなたがしたんですよね?

何であの時かばってくれなかったんですか?

なぜ正直に誤ってくれなかったんですか?

私は悲しいです!

 

看護学生のみなさん

これは社会に出ても同じような事があります。

いずれそれも書きたいと思いますが、少しでもいいから自分の気持ちを話すことを学生のうちに学んでおく方がいいですよ。

 

 

だってこうやって実習から20年も過ぎているのに

心のしこりが残っている看護師もいるのだから…。

 

看護学生の時つらかった!実習メンバーとの人間関係について 【笑える、恥ずかしい、へこむ】看護実習の失敗談あれこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください