猫グッズ販売しています(=^・^=)

【失敗から成長】コミュ障の新人看護師に伝えたい事3つ

どうも!

新人の頃って色々つらいよね…

看護師の松田トロです。

 

以前コミュ障の看護師についてはこちらにも詳しく書きましたが、今回は新人の頃の話を書いてみようと思います。

コミュ障の新人看護師、挨拶すらろくにできない

私が最初に就職した病院は外科、消化器内科、放射線科、泌尿器科の混合病棟でした。

そして新人で入った看護師は私だけ!

しかもその病棟に初めて大学卒の看護師が入ったと噂になり、知識や経験が全くないのに期待値は高かったんです。

そんな期待値だけ上げられた、新人コミュ障看護師…。

最初は挨拶すらろくにできず、

「こいつマジでやばくね?こんなヤツに教えたくないんだけど!」

就職して1年経ってから、先輩がそう思っていたと聞かされた私w

 

今あの時を振り返ると、とにかく場の雰囲気にのまれていたし、励まし合う同期もおらず、私と年は同じでも20歳で看護師デビューをした方がいましたので、

「同級生でこんなにも差があるんだ…あ~ぁ病院辞めたい、辞めたい…」

毎日こんな感じで新人の頃は暗い事ばかり考えていました。

コミュ障の新人看護師、質問もろくにできない

お恥ずかしい話ですが、挨拶も苦手でしたが、先輩に質問をする事も超苦手だった私。

 

「先輩、忙しそうにしてるな…これ分かんないけど今聞いた方がいいかな、こんな簡単な事聞いたら怒られるかな…」

とにかく早く質問すればいいのに、ぐずぐず考えて遅くなる私。

 

すると先輩が気づいて

「あんた!まだこれやってなかったの?」

と、怒られるわけです。

 

ぶっちゃけ新人の頃は

「Aさんの抗生剤の点滴いっといて!」

も1人で出来ませんでした(汗)

 

つまり入院してきたAさんの抗生剤の点滴を、大体6時間~8時間あけて側管(メインの点滴の横)から流すのですが、14時に流して次の点滴を20時と先輩が設定していたのに14時の抗生剤をまだ実行していなかったのです。

 

「その抗生剤の点滴はどこに置いてあるのですか?いくってなんですか?どうやって準備するんですか?」

と、質問すればいいのにそれすらできない…。

(今考えると新人にこれをいきなりさせるのはどうなの?って感じですが…汗)

こんな感じで、新人の頃は質問もろくにできずプリセプターや先輩ナースに沢山迷惑をかけてしまいました。

コミュ障の新人看護師、先輩と話すのが苦手で自分勝手な行動をとってしまう

それから、先輩ナースに1度か2度、やり方(手技)を聞いて、自信は100%ないけど、また質問をするのも嫌だし、先輩ナースが怖いから自分でやってみよう!

と勝手に行動をして失敗した事があります。

 

それは、心拍数を上げる薬が入った注射器を1時間に0.2ccしか流してはいけないのに、その薬が入った注射器を交換する時に間違った手技で少しだけ早送りをしてしまい、患者さんの心拍数が20も上がってしまったのです。

(その時はモニターを見ていた師長さんが気づいて、すぐに先輩ナースが来てくれた)

 

「やばい!私が先輩にビビッて聞かなかったり、手技を曖昧にする事で患者さんが死んでしまう!」

ようやく私はこの事で目が覚め、質問を必ずするようになったのです。

コミュ障の新人看護師に伝えたい事3つ

1、最初は緊張してできなくても徐々に自分から挨拶を積極的にしていこう!

コミュ障の人は挨拶すらも最初は難しいと思いますが、徐々に環境に慣れてきたら自分から挨拶をしていきましょう!

私も後輩が入ってきて思ったのですが、声が小さく、陰気臭いイメージの新人よりも明るいイメージで人懐っこい性格のキャラの方が可愛いいです。

2、質問はしないより絶対にした方がいい!

反応がない新人を教える時ほどつらいものはないです。

先輩が忙しそうにしていたら質問を躊躇してしまいがちですが

「お忙しい所、申し訳ありません、今質問をしても大丈夫ですか?」

と、一言添えて質問をどんどんしていきましょう。

(あなたの質問が先輩ナースの知識をさらに深めてくれます。)

ただし、何度も同じ事を質問すると

「こいつちゃんと理解してないな…」

と思われるので3回くらいでしっかり覚えるようメモをとりましょう。

裏ワザとしては

①「何回も聞いてスミマセン、どうしてもよく分からなくて…」と一言入れたり

②違う先輩ナースに質問する方法もあります。

とにかく分からない事は曖昧にしない方が絶対にいいです!

3、分からない、自信がない手技なのに1人でやらない!

これはヒヤリハットや医療ミスを防ぐ意味でとても大切なことです。

とくに新人の頃は

確認!確認!です!

 

しかし、新人でやっかいなのは分からない事も分かっていない事です。

それを防ぐには

①初めての事は絶対に1人でしない

②自信がない時は先輩に聞く

(それでも不安なら他の先輩に聞く)

③嫌な予感がしたらすぐ先輩に確認

これをするだけでも大きいミスは防げます。

 

とくに、人数が少なくなる夜勤は要注意です。

「聞くのは一時の恥、聞かぬは一生の恥」

この言葉を忘れず質問を積極的にしてください。

最後に…

いかがでしたか?

どの職場に入っても新人の頃は緊張し、先輩方と上手にコミュニケーションをとる事は難しいかと思いますが、コミュ障でも勇気を出せば徐々に慣れてきますので自分から積極的に会話をしていきましょう。

 

新人の頃は私も散々でしたが、今はそれなりにできるようになりましたので経験値を上げていってくださいね。

それでは私の経験談が少しでもお役に立てれば幸いです。

ではでは!

看護師が失敗した時に、どんな症状が出て、どんなケアをすればいいのか紹介 【笑える、恥ずかしい、へこむ】看護実習の失敗談あれこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください