猫グッズ販売しています(=^・^=)

結構高い!?小学校で流行している縄跳び紹介

どうも!

長男がインフルA

松田ですw

 

あの~

突然ですが

みなさんのお子さんが使っている「縄跳び」って、いくらくらいしますか?

 

実は我が家、今まで100均や200円の縄跳びを買っていたんですが、この前長女(小2)のおねだりで、640円の縄飛びを買ったんです。

 

それで、その縄飛びが軽くて飛びやすかったので、今日はその縄飛びを紹介します。

小学校の友達が教えてくれた瞬足のなわとび

「Bちゃんが使っている縄跳びが飛びやすいから、ママ買って~」

まさか、高い縄跳びを買いに行くとは知らない私。

 

「そっか~ほな見にいこか~」

軽いノリで買いに行ったのはいいですが、値段を見てビックリ!

 

「え??ろ…ろっぴゃくよんじゅうえん?」

最近は何でも100均で買えると洗脳されている私にとって、これは衝撃的な値段でした。

 

「縄跳びに640円?ねえコレ、本当に必要?」

長女にそう聞いてみると

 

「うん!だってその縄跳びだと二十飛びが飛びやすいんだもん!」

と、即答!

 

「わかった…縄跳び頑張ってね」

「うん!ママありがとう!」

 

子供の明るい笑顔とは裏腹に、私は半信半疑で店を出た。

最新の縄跳びは全然違う!

早速、自宅に帰って瞬足のなわとびを開封。

まず最初に驚いたのが、グリップに黒い滑り止めがついていました。

 

「ママ~これ握りやす~い」

確かに、握りやすいし、滑らない。

 

これなら縄飛び大会でグリップがつるんと抜けて、隣の子に縄飛びが飛んでいく危険がなさそうだ。

そして、グリップの底に蓋がなく空洞になっていた。

 

これは余りにも衝撃なデザインだったので、昭和生まれの私は思わず

「驚き桃の木山椒の木!」

と、平成生まれには理解不能な言葉を発した。

さらに長さを調整する時、100均の縄跳びの場合、グリップの所を開けてロープ調整しないといけないが、これはロープを下に下げて回転キャップとストッパーを調節しカットすればOKとの事。

 

地味にロープの調整って面倒だったから、親にはありがたいアイデア。

もうグリップの中に、ロープをねじ込みながら入れる必要はなくなった訳ですな。

まとめ

という訳で、今回は瞬足なわとびを紹介してみました。

私も実際触ってみてグリップが軽くて回しやすいし、ロープの音も100均と全然違っていい音でした。

あと、縄飛びを結ぶ時にくねくねならないし、見た目もオシャレ。

 

最初は

高い!

って思いましたが、いざ使ってみると全然違いますので、お近くのお店で探してみてくださいね。

ではでは!

ネットだと更に安いw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください