猫グッズ販売しています(=^・^=)

「寂しい」を数値化して客観視して紛らわすんだ!

こんにちは

寂しいの意味は

静かで心細い

物足りない

満たされない

だって!

看護師の松田トロです。

 

今回は、「3つの寂しい」を天秤で測って数値化してみようと思います。

まずは寂しいと淋しいの違いを…

「寂しい」と「淋しい」の違い

更に掘り下げて、私も今まで曖昧であったこの二つについては、「寂しい」は「家の中の人声が細くなっていく様子」から「環境的な静けさ」を表し、「淋しい」は「医学用語の淋病の液体が淋(したた)る様子」から「肉体的な淋しさ」を表すのだそうです。

引用リンク由来メモ

正直、「どっちでも一緒でしょ?」

と、今まで思っていましたが、寂しいを使う方が一般的なようです。

痛みの強さを参考に寂しいを数値化してみる

で、臨床の現場で使われている痛みスケールを、寂しいにも使ってみました。

それはどういうものかというと…こちら↓

 痛みの強さ(程度)は治療効果判定の意味からも初診時に評価しておくことが重要である。

一番強い時の痛み、一番弱い時の痛み、1日の平均の痛みに分けて評価するとよい。

評価法としてはさまざまなツールが開発されているが、信頼性、妥当性ともに検証され、臨床の場で用いられているものは、Numerical Rating Scale(NRS)、Visual Analogue Scale(VAS)、Verbal Rating Scale(VRS)である。

引用リンク日本緩和医療学会

例えば患者さんに

「一番強い痛みが10だとすると、今、どのくらいの痛みですか?」

って臨床では聞きます。

最近出会った寂しいという感情

1、父への寂しさ

ここにも書きましたが、いずれ起こりうるだろう末期がんの父との別れに対して寂しいという感情がある。

重りで例えると5kg、下に沈んでいる。

胃がんの父の死を願う次女と最後に恩返しをしたい長女の葛藤

2、出張中の夫が寂しいと訴える

出張に行っている夫が私にこうLINEで送ってきた。

「ママはパパが出張に行って、寂しくはないの?」

「もちろん、寂しいよ」

私は、そう返信したが、1の寂しさよりは、まだ寂しいとは思わなかった。

だから1の中にその寂しさは紛れ込んでいる感じ…。

夫の寂しいは5kg、下に沈んでいる。

3、パパがいなくて寂しいと訴える長女

私は、父がいづれいなくなるという寂しさの方が強い。

しかし、長女は祖父の事よりも、パパがいない方が寂しいと訴える。

 

寝る前にパパにLINEをして

「パパに会いたい…」

涙を流して電話した回数は数えきれない。

 

夫は長女に対して、

「俺を必要としてくれる可愛い子」

と、絶対思っていると思う。

長女の寂しいは5kg、下に沈んでいる。

3つの寂しさ、だけど身体は1つしかない

私が父に対しての寂しさを5kg持っていても、私の身体(重り)は1つしかない。

だから、私はその5kgのうち、2kgを夫に、2kgを娘に、残り1kgを次男、長男に乗せる。

 

すると私は5kgしかないので、1の父への寂しさは一時的になくなる。

夫は私から2kgの重り(愛情?)を乗せてもらって、5kgから3kgの寂しさに変った。

 

これで満足する人もいれば、更に要求する人もきっといるだろう。

娘は要求するタイプだ。

 

5kgの寂しさから2kg私から重りをもらって、残りの3kgをもっと乗せて!と要求する。

しかし、私はその時点で重りを持っていない。

ここで娘は激怒する。

私は困り果てる。

(長女にはお菓子でごまかす)

 

そして、特に今は重りをもらっても、もらわなくても良かった次男と長男は

「ラッキー!ママ優しい!」

「え?!今はいらなかったのに~」

どっちかは分からないが、予想外の重りに1kgの重さを感じる。

自分に余裕がない時は無理しないで

「もっと重りを乗せて欲しい!」

そう言う人もいる。

 

しかし、自分自身の重りを乗せれる場合と、乗せられない場合もある。

 

乗せられる場合は、余裕が自分にある時だろう。

逆に乗せられない場合は、自分に余裕がない時だろう。

 

例えば、重りが果てしなく重くて動かせられなかったり、見えない重りでどう動かせばいいのか?分からない時だろうか?

いや、乗せられる場合でも、無理をして乗せている場合もあるか…。

 

どこからか、別の重りを持ってくる、つまり借金をして重りを買って相手に乗せるパターン…。

しかしその借金をした重りは、借金を返さない限りは永遠に続く。

そこまでする必要はないが、世の中には無理をして重りを乗せる人もいるだろう。

はっきり言うが、それは止めといた方がいい。

自分で重りを作る人、寂しさを紛らわす方法

世の中には、寂しさを埋めるため自分で重りを作る人もいるだろう。

具体的に考えてみた。

1、好きな事をする

例えば、私なら好きな漫画を見る事。

映画が好きな人は、映画を見る。旅行が好きな人は旅行に行く。

アイドルのコンサートへ行く、料理を作る、買い物に行く、編み物をする。

塗り絵をする、お経を唱える、ヨガをする、音楽を聴く。

自分の心がウキウキする事をするのがいい。

2、誰かと繋がる

直接誰かと話しをするだけでもいい。

SNSでも、自分の気持ちを書いたり、質問の場で悩みを相談してもいい。

誰かと繋がる事で、寂しさを忘れることはできる。

3、植物を育てたり、ペットを飼う

「あ!葉っぱが1つ生えてきた!」

「ペットが餌欲しがってる!」

この方法は寂しさばかりに気をとられないですむ。

とくにペットは効果的かも。

4、早く寝る

夜は特に寂しさを感じる時間かもしれない。

そんな時は早く寝て、朝早く起きて活動しよう!

適度な運動は、生活習慣病予防にもなります。

5、寂しいを数値化して、寂しい気持ちを認める

これは、今回私がやってみた方法です。

「あ!今私、寂しい5だわ…2だわ…100だわ…」

それを認めることで、対処方法も変わってくる。

6、〔番外編〕1日中、寂しさを感じ、不眠、食欲低下がみられたら心療内科へ

ふとした時に寂しさを感じるだけだったらいいが、1日中考えるようになって、不眠や食欲低下がみられたら心療内科を受診しよう。

最後に…

いかがでしたか?

寂しいを数値化することで、自分がどれだけの寂しいに支配されているか分かりやすくなるのではないでしょうか?

今日は5kgの寂しさに例えましたが、これが人によっては10だったり、2だったりするわけで…。

 

それをいかに埋めるか?いかに忘れるか?

寂しさに支配されている時間が多い人は、自分で重りを生成することも出来るのだと伝えたい。

 

ちなみに私は、こうやってブログを書くことで父への寂しさを忘れようとしている。

考え出すときりがない。涙も出てくる。

 

しかし、家族がいればその寂しさに支配される時間は少なくなる。

「ありがとう家族」

今のところ、私は寂しいに支配されていない。

だってまだ

重りを動かせる余裕があるのだから…。

配偶者の死は一番ストレスが高いって知っていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください