猫グッズ販売しています(=^・^=)

変態看護師「男性患者さんのここがフェチです」を5つ公開!

トロ

どうも!
変態看護師 松田です

ニャン太

その相方の
ノーマルニャン太です!

 

今回は、表面には出しませんが心の中で男性患者さんのここが好き、ここが萌える、ここがフェチなんだ!という所を引かれる覚悟で書いていきます。

男性患者さんの「喉ぼとけ」フェチ

まず1つ目が喉ぼとけ(喉頭隆起)です。

 

食事をしたり、飲み物をのんでいる時に喉ぼとけが動いている所が最高です。

本当は喉ぼとけを中心に写真を撮って声は低いか甘い声かなど記録しコレクションしたいですが、捕まるのが嫌なので脳内に保存しています。

 

大きすぎてもいけないし、小さすぎてもいけない。

微妙なラインで自分好みの喉ぼとけを探している時が幸せです。

最近は患者さんじゃないけど米津玄師さんの喉ぼとけがヤバいっす!

男性患者さんの「手、腕」フェチ

次は手と腕です。

 

私が一番萌えるのは、顔と手のギャップです。

どういう事かと言うと、顔は丸顔、やや小太りなのに手は細くて白くて繊細そうとか、顔はベビーフェイスなのに手や腕は血管がいっぱい見える(触れる)、骨格がゴツゴツしているなどです。

あと、手のスジもいいですね…。

爪も四角なのか?丸なのか?皮膚の色も総合的に見て点数をつけるのが楽しいです。

 

ニャン太

ね~
俺の手はニャン点?

トロ

ニャンとも言えないw

ニャン太

・・・・・

男性患者さんの「ひげ」フェチ

3つ目はひげ(髭)です。

 

短く髭をそったのにも関わらず、髭の場所が分かるのも好きです。

特に鼻と口の間の髭がいいです。

それから、入院などで髭そりが間に合わずやや伸びている状態も好きです。

しかし5mm以上伸びている髭は苦手です。

男性患者さんの「すね毛」フェチ

4つ目は、すね毛です。

 

濃ゆすぎても、薄すぎてもいけない微妙なラインが好きです。

そのすね毛から垣間見る、足の筋肉や骨格を想像するのが好きです。

 

「この人はどんなスポーツをやっているのかな?」

「肉体労働をしている仕事かな?それって具体的に何だろ?」

「あれ?足に傷がある。何でだろう?」

 

瞬時に観察して、それを患者さんとのコミュニケーションに生かします。

コミュ障の看護師はこうやって話すネタを探すのです。

観察マジで大事…。

男性患者さんの垂れた頬と耳たぶフェチ

最後は、垂れた頬と耳たぶです。

 

そしてこれは高齢者の方、限定です。

 

本当は

 

「ほっぺたをプ二プ二したい!あ~!耳たぶ触りたい!」

 

と思っていますが、そんな事をしたら虐待看護師になってしまいますので心の中で我慢します。

 

その代わりに実家の猫をプ二プ二。

子供のほっぺをプ二プ二します。

いつか夫の頬が垂れたらプ二プ二してやろう。

老後が楽しみです。

 

ニャン太

看護師も欲望と理性の間で
葛藤してるんだな

まとめ

いかがでしたか?

 

私は看護業務で患者さんの観察をしていくうちに、色々なフェチができてしまいました。

 

決して患者さんの前では心が躍っている事を悟られないよう勤めていますが、こういった事を考えながら業務をしている看護師もいる事をちょっぴり知って欲しい。

 

おそらく賛否両論あると思いますが、今回はそう思いながら勇気を出して書いてみました。

 

それではまた!

→【辛い過去】夜勤中、彼氏が友人だった看護師と浮気をしていた話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください