猫グッズ販売しています(=^・^=)

ファミサポの交流会が意外と楽しかった、みんなも是非参加してみて!

んにちは!

看護師の松田です。

 

今日は、ファミリーサポートセンター(略してファミサポ)の交流会に初めて参加した話を書いていこうと思います。

 

結論から言うと、ファミサポっていう育児や介護を援助する施設が市町村にあるから、是非登録してみて!

そして登録したら、年に数回、交流会があるので参加したら楽しかったよ!って事をまとめてます。

 

ファミサポ?知らない!どんな所なの?

 

 

例えば、保育園の送迎をして欲しいとか、学校の放課後や保護者の急用な時に子供を預って欲しい時、ファミサポに登録をしているとアドバイザーがいて、そちらを通してサービスが受けられる制度です。

(市区町村からの委託事業が多く、社会福祉協議会やNPO法人などで実施している)

 

平成27年度実績によれば、①基本事業を809市区町村、②病児・緊急対応強化事業を142市区町村が実施しています。

そして、平成27年度末現在、援助を受けたい会員(依頼会員)が52万人、援助を行いたい会員(提供会員)が13万人いて、両方登録している会員もいます。

 

ファミリー・サポート・センター事業は、乳幼児や小学生等の児童を有する子育て中の労働者や主婦等を会員として、児童の預かりの援助を受けることを希望する者と当該援助を行うことを希望する者との相互援助活動に関する連絡、調整を行うものです。(中略)「子ども・子育て支援新制度」の開始に伴い、平成27年度からは、「地域子ども子育て支援事業」として実施します。

引用リンク厚生労働省ホームページより

 

 

一応登録はしていたが利用していなかった

 

実は私の場合、詳しく説明会で聞いたら②の病児・緊急対応強化事業が住んでいる所になかったんですよ~!!

子供が病気の時に仕事を何日も休むわけにはいかないので利用したかったのに、これがなくて登録だけで利用はしていませんでした。

なので、市町村によってサービスの内容が違いますので、早急に利用したい場合は確認をしてから登録してみてくださいね。

一応、私みたいに利用するかわからないけれど登録するのもありです。

 

その後、ファミサポ交流会の手紙が来ていたが、参加していなかった

約6年位前に仕事を始める際に登録したファミサポでしたが、1回も利用することなく、年に数回来る交流会の手紙も読むだけでした。

しかし今回、「一体どんなことをするのか?」と興味を持ったので、電話して予約!

参加してみたら援助をしたい人(提供会員)と、援助を受けたい人(依頼会員)が数名来ていて和やかな雰囲気の中、会は進みました。

 

今回の内容は手遊び、指人形つくり、茶話会

 

事業所の保育士さんが話を進めてくださり、会員と一緒に手遊びや指人形をつくりました。

話をしながら、「それ上手ね~!」「かわいい~!」「私は目を大きく書き過ぎたわ」など、言いあいながら楽しい時間が過ぎていき、私はあることに気づきました。

 

こうやって作業をしていると、「あ!この人つくるの丁寧だな~」「この人はポジティブな言葉を使う方だな・・・」「この人、もう作ったんだ!はやっ!」など、色々情報収集ができたのです。

依頼側としたら、サービスを提供してくれる人が一体どんな人なのか?がとても心配です。

私がファミサポを利用をしなかったのは、②の事業がなかった事も理由の1つですが、提供してくれる人への不安もあったんです。

 

もちろん、何時間も講習会を受けている人が提供会員であって、サービスを受ける前にアドバイザーが間に入って、お互いのマッチングをしてくれますが、それだけでは相手の事が分からないと思うんですよね・・・。(心配しすぎかな?)

 

なので、この交流会によって「この人だったら、サービスを受けてもいいかな?」という人がみつけやすくなると気づいたんです。

 

 

まとめ

虐待防止

今回、ファミサポの交流会に参加し、サービスを提供してくれる会員さんと直接触れ合うことで、相手の性格や行動パターンを知る事ができ、そして、利用しなくても交流会に参加する事で子育てのアドバイスをもらえたり、お母さんのように心配してくれたりする人が近くにいると分かっただけでも嬉しかったです。

 

また、茶話会では、お菓子やお茶もいただけたので(地元で有名なお菓子屋さんのお菓子だった、ラッキー!)また是非参加したいと思います。

 

みなさんも、地域の方々と触れ合う機会が減っている中、このような場に参加し子育ての息抜きに利用してはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください