猫グッズ販売しています(=^・^=)

【超初心者】2万円の液タブPD1161を買ってセットアップに試行錯誤した話

どうも!

松田ですw

 

今回は、念願の液タブ(PD1161)を購入した話を書きます。

そして結論から書くと、初心者はセットアップにやや苦戦しますが、値段を抑えて液タブを試してみたい方には、もってこいの機種だと思います。

液タブGAOMON-PD1161を選んだ最大の理由

では早速、私がこの機種を選んだ最大の理由を説明すると…

 

ずばり!

値段が

安いからです!!

(き…決まったw)

 

正直、趣味で絵を描くのに、6万や10万円を出す勇気がなかったんですよね…汗

しかも私は飽き性なので、液タブ欲しいけど「飽きたらもったいないしな~」と、ずっと買うのをためらっていました。

が!

しかし!

ネットで2万円台の液タブがあることを知り

これは買うしかない!

と、思ったんですよね~

とまあこんな感じで、いきなりレビューに入りますw

苦戦!液タブPD1161のセットアップ

まず、ケーブルを全部つなぎ、GAOMONダウンロードをしたらすぐに絵が描けると思っていたんですが、全然描けない!

「no signal」「power saving」と液タブの画面に出て、ペンは反応するけど、すぐ暗くなりました(泣)

(ちなみに私のパソコンは、Windows8.1、TOSHIBAのPD51NBP-SHA、CLIPSTUDIO PROを使用しています)

そこで、USB3.0toHDMI変換ケーブルを購入!

しかし、変換ケーブルを接続しても画面はそのままwww

そこでもう一度ケーブルを外して繋ぎ、パソコンのデバイスとドライブを見ると表示があったので、インストールをしたら液タブにパソコン画面が出てきました!

がしかし!!

800×600の画面しか表示されず

なんで

こんな画面

大きいの?!

と、泣きそうでしたが、パソコンのUSB2.0ポートじゃなく、USB3.0の方に挿入したらきちんとパソコンと液タブが1920×1080になりました。(2.0と3.0の区別が分かんなかった私w)

よく分かりませんが、ちゃんとつないでも?画面が大きくなる時があり、その時は再起動したら元に戻ります。

液タブの右側はこんな感じ↓

実際液タブPD1161購入してどうですか?

やっとセットアップして絵を描きましたが、正直私はショートカットを使わないので、左側についている8個のボタンは不要かな~と思いました。

しかし、紙とは違ってペンの反応が遅い事がやや不憫ですが(設定を変えるといいかも?)、今まで板タブを使っていた時に比べると、液タブは直接絵が描けるのでメッチャいいです!!

これで約2万円は安いと思います。

それから、軽量でコンパクトなサイズが便利だな~思います。(絵を描ける画面はA4サイズの紙を半分に折って残り縦14.5cm横5cm追加する大きさです)

大きい液タブだと、机の大きさを気にしないといけないですしね…

しかし、コンパクトでいい利点もあるのですが、CLIPSTUDIO PROの画面が省略して画面にでるので、使いたい所をいちいちクリックしないといませんw

コンパクトさを選ぶか、機能を選ぶか?

難しいところですが、初めて使う分には十分な液タブだと思います。

まとめ

液タブを初めて購入した私ですが、実際絵を描くまでのセットアップがこんなにも苦労するとは予想外でしたw

しかし、セットアップできれば気軽に絵が描けるので、液タブを安く購入したい方はPD1161の選択ありだと思います!

ではでは!


USB 3.0 to HDMI 変換 ケーブル 外付け ディスプレイ 増設 アダプタ HDMI USB 変換 アダプタ 1080P 高画質 音声出力 USB HDMI コネクタ Windows 10対応 (ブラック01)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください