猫グッズ販売しています(=^・^=)

看護師がクリニックを面接する時に確認する大事なポイント

うも!

看護師の松田です!

 

今回は、診療所(一般的には○○クリニック、○○医院と呼ばれる)を面接する時に確認する事をまとめてみました。

 

これから診療所に就職するか否か?悩んでいる方のお役に立てたら幸いです。

 病院と診療所の違いは?

病院と診療所の違いは、医療法によって分けられています。

簡単に説明すると、20人以上入院出来る場所がある所が病院。

入院出来る場所がない所もあれば(無床診療所)、1~19人入院できる場所がある所(有床診療所)を診療所といいます。

7回診療所を面接した時の状況

私が診療所を面接した時の状況は以下の通りです。

1、無床診療所の場合

①Aクリニック→院長と、その奥様が診療所の隣にある自宅で面接。

 

②Bクリニック→院長と、その奥様が新しく開業する診療所で面接。

 

③C医院→院長と、その奥様が診療所の休憩室で面接し、漢字の読み書きの試験があった。

 

④Dクリニック→女医である院長1人が外来の診察室で面接。

 

小児科でしたが、「タバコは吸いますか?」を聞かれたことが印象に残っています。

2、有床診療所の場合

①Eクリニック→院長と師長、事務長が診療所の会議室で面接。

 

②Fクリニック→院長と師長が外来の診察室で面接。

 

③Gクリニック→女医である院長が師長と外来の診察室で面接。

3、その他

①Hクリニック→診療所が運営しているグループホームの面接を受けに行き、診療所の休憩室で女医の副院長(旦那さんは院長)、事務長と面接。

診療所の面接ポイントは○○!

上記の面接状況を見て気づいた方もいると思いますが、診療所を面接する際は院長の奥様が大事なポイントになります。

その奥様を見て、「自分自身がどう感じるか?」をまずは判断して下さい。

そして、奥様に気に入ってもらえたら面接は、ほぼ100%合格間違いないので、奥様に共感してもらえるよう面接を頑張りましょう。

 

次は、院長に注目です。

奥様との力関係を面接で判断し、後は出来るだけ話しやすい雰囲気であるか?を確認しましょう。

指示を確認する時に話しにくい、質問しにくい医師だと、後々トラブルやストレスの元なので、そこは絶対に確認しましょう。

 

そして、奥様以外には、その診療所で一番影響力のある看護師にも注目です。

そっけない対応だったり、質問にも面倒くさそうな対応をしている看護師だったら、避けたほうが無難です。

 

また、診療所面接では今まで3人の女医さんとお話をしましたが、いづれも男性医師よりも話しやすかったので、後はお互いのフィーリングだと思います。

 

無床診療所面接の際に確かめたいポイント

1、外来を中心に行っているため、午前と午後に何人の看護師がいるのか?確認!

クリニックでは、午前3人、午後2人で担当する場合もある為、特に午後勤務の場合、1人が休んだら交代要員をみつけなければいけないので、ここは要確認です。

昔、1人で午後から外来勤務をした事がありますが、私はもう二度とやりたくないです。

 

それから、ペアを組む看護師によって仕事のストレスが全然違います。

しかしこれは面接時にはわからないので、できたら2人より3人体制のクリニックを選んだ方がベストかもしれません。

 

2、病気やけがなどで外来勤務を休まなければならない場合に、どのようにして連絡を取るのか?を確認!

何故これを書いたのかというと、休みを取る際に師長や主任、奥様に連絡をする所と(連絡したら代わりの要員を探してくれる)、代わりのスタッフを見つけてから、院長の奥様に連絡する場合があったからです。

後者の方は新人にとっては苦痛です。

まだ仲良くなっていない看護師に勤務の変更をお願いしたりするのは大変なので、そういう所は就職しない方がいいです。

3、外来の残業はあるのか?確認!

これは特に、子育て中の人は確認をした方がいいと思います。

保育園や学童の時間が決まっている方は、特に気を付けたいポイントです。

有床診療所面接時の際に確かめたいポイント

1、入院する所がある為、夜勤や日勤を何か月実施してから始まるか?2~3回位は夜勤時に看護師がついてくれるのか?を確認。

診療所にもよりますが、夜勤の時に看護師1人体制だったり、看護師1人、看護助手1人、計2名体制の場合もある為、人数や夜勤回数が月何回なのか?も確認した方がいいです。

 

私が勤めていた所は一時期夜勤をする人が2名しかおらず、その2人で1か月間夜勤を回したところもあります。

2、外来と病棟の区別はあるのか?それとも共通なのか?を確認!

外来は外来でスタッフがいる場合と、外来が忙しかったら病棟から応援に行く場合もあります。

 

どちらも学べるのはいいですが、その分自分自身の仕事が遅くなることもあるので確認をしてください。

子育て中の方へ…

私は子育てを始めてから数々のクリニック面接し、働きましたが、正直子供が小さいうちは診療所勤務はやめた方がいいと思います。

なぜなら保育園に入った途端、子供たちは病気になり、そのたびに勤務を代わってもらうのが大変だからです。

 

最悪だった時は、もう一人父親が亡くなって休んだ方が出た時に「子供がはやり目になって休みたいんですが…」と、言ったら「こんな人がいない時に休めませんよ!」と言われたことがあります。

 

その時は、両親を呼んだり、自分の時給よりも高いベビーシッターにお願いしたり、早めに対応できるときは病児保育を利用していました。

人数ギリギリで回している診療所は、1人でも看護師がいなくなると他のスタッフに負担がかかるし、連絡も大きなストレスになります。

 

だから、子供が病気の時に面倒を見てくれる人がいなかったら、迷わず大きな病院で勤務する事をお勧めします。

 

休む際は気が引けますが、スタッフが診療所よりは多くいるのでなんとかなります!

更に、保育園や病児保育がある病院なら最高ですね!

仕事が終わってからの送り迎えは本当にきついので職場から保育園、学童が近い方が絶対に負担にならなくていいですよ!

まとめ

  • 診療所面接を受ける時は奥様に注目!!
  • くせのある院長だと、入ってからが大変!!
  • 無床診療所なのか?有床診療所なのか?でも面接ポイントは違う!
  • 近くに子供を見てくれる人がいなかったら、診療所勤務はやめておけ!

 

以上、診療所の面接時に参考になれば幸いです。

ではでは!

 

看護師の求人サイト

参考までに…

 

※あなたが積極的に求人を探しているなら…
ナース人材バンク

※自ら検索するサーチ型
自分のペースで職探しをしたい方は…
看護師求人ジョブメドレー

 

※20代の転職、お祝い金欲しい方

セレジョブ看護で相談!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください