猫グッズ販売しています(=^・^=)

子供(小学生)の付き添い入院であってよかった持ち物リスト

こんにちは

入院の荷物を整理するのが面倒

看護師の松田トロです。

 

今回は、次男(小学1年生)の入院で付き添いをした時に、あってよかった持ち物リストをまとめてみました。

小児科病棟の看護師さん!子供だけじゃなく母親にも気を使って!

付き添い者(母親、父親、祖母、祖父)の持ち物リスト

1、着替え(3着は必要かも)

日中は普段着を着て、夜はリラックスできるルームウェアを着ている方が多かったです。

私の場合は、長TやTシャツ、フリースやパーカー、ユニクロのストレッチズボン、ジャージを日中着ていました。

(靴下は殆ど日中履かなかったw)

 

土日はお父さん方も多くなるし、売店にも行くので、ある程度恥ずかしくない格好で病院内をウロチョロした方がいいです。

また、病院内の温度に合わせて衣服も調節できる、カーディガンなどもあると便利です。

そして、できたらジーパンや厚手の物などは、乾燥機で乾かすのに時間がかかるので避けた方がいいと思います。

(洗濯1回100円、乾燥機30分100円だったので、地味にお金がかかります)

 

下着(パンツやブラ、私はタンクトップ着る派)も洗濯状況で3着はあった方がいいです。

2、お金、書類関係

入院すると同意書など沢山の書類を貰うので、A4サイズのクリアホルダーは1つあると便利でした。

 

あとは、保険証、印鑑(2つ)、コインランドリーで使う小銭100円、テレビカードを買う1000円札も必要でした。

3、洗顔、化粧品、身の回りセット

  1. タオル(シャワー浴後用、髪の毛乾かす用は絶対必要)
  2. 歯ブラシ、歯磨き粉
  3. シャンプー、リンス、石鹸(ボディソープ)※長期入院になる場合は100均で売っている小さなかごと普通サイズのシャンプーを買った方がお得かも。トラベル用のシャンプーは10日間で殆どなくなりました。
  4. 化粧品(乾燥肌の方は化粧水、クリームも必要)
  5. 爪切り、耳かき、くし
  6. 乾いた洗濯物を入れる大き目の袋(かごを持ってきている方もいました)、汚れたものを入れるビニール袋、病院に洗剤がなければ洗剤も必要
  7. ハンガーやS字フックも持ってきている方がいました。S字フックは子供の勉強が入っているバックをかけたりされていました。
  8. 生理用品(長期になると絶対に必要です)
  9. 子供の陰部洗浄用のオムツ、尿取りパット(2つしか使わなかったけれど、購入しました)
  10. 長期の場合、購入した折り畳みベッドや毛布、枕持参。
  11. 眼鏡、コンタクト用品
  12. ドライヤー(子供の病院にはありましたが、ない場合は持って行った方がいいです)
  13. サンダル(私は自宅にある布スリッパを履いていましたが、蒸れるし、離れの売店に行くとスリッパが黒くなったのでクロックス系がおすすめです)
  14. 椅子に敷く座布団(硬い椅子はお尻が痛くなるw)

※マスクは病院の部屋にあったのでそれを使用しました。

 

※長期になると、貸しベッド代も馬鹿にならないので、購入している保護者が多かったです。

4、食べ物、食器類

金銭的な事や保存も含めて、インスタントラーメン、インスタントコーヒー、ステックタイプの紅茶やコーヒー、お湯を注ぐだけの味噌汁(スープ)、カロリーメイト、電子レンジでチンするだけのご飯が重宝しました。

 

レトルトカレーを食べている親御さんもいましたよ。

とにかくサラダを買ったり栄養バランスを整えないと、便秘になりがちです。

コップや食器は割れない、電子レンジ対応の食器がいいと思います。

あと、箸も持ってきた方がいいですね。

それから、病院食は味が薄いので(子供の残り物を食べた)ふりかけは重宝しましたよ。

5、その他

  1. 携帯、携帯充電(私の携帯は1GBしか契約していないのですぐに低速になりました)
  2. 筆記用具(病院の表に子供の熱や食事量を書いたりしました)
  3. (おかげで長編小説を3つ読めましたw子供の点滴が外れてからは、2人で間違い探しを楽しみましたよ)
  4. パソコン、iPad(入院に慣れている方はこれらを持ってきていました。Wi-Fiがない病院だったので、自分で契約しているんでしょうね)
  5. デジタルカメラ
  6. イヤホン(イヤホンをつけないでテレビを見ている家族が多かったですが、私は音が気になるタイプなので売店で購入しました)
  7. アロマ(隣のお母さんが持ってきていて、たまにスプレーでシュシュしていました。病院内は色々な臭いがするので気分転換にはなりました。しかし、臭いも人によっては不快に感じることもあるので、状況を見て使用した方がいいです)

子供(小学生)の持ち物リスト

1、着替え(3着は必要)

次男の場合、入院して6日目まで点滴をしていたので、病院から病衣を借りていました(1日約80円)

もし、長期入院で点滴をされる方は点滴対応両肩スナップパジャマがおすすめです。

 

なぜなら前があくタイプの病衣や普段着ている洋服は着替える時にいちいち点滴のルートが引っかかり看護師さんを呼ばないといけないのですが、このタイプだと親だけで着替えができるからです。

 

それから肌着やパンツもいります。

次男は絶食中に下痢が数回あったので、パンツが汚れて大変でした。最低でも3枚はパンツ必要です。

 

あと、おしっこの管が外れた時に1時間に1回は点滴をしているのでトイレに行っていましたが、夜中おもらしをしないかヒヤヒヤでした。

その時は陰部洗浄用に買った尿取りパットをパンツに挟んで寝ました。

(幸いおもらしはなかったです。子供と私は睡眠不足でしたがw)

2、身の回り編

  1. タオル(熱が出た時に冷却枕に巻いたり、シャワー浴時に使用)
  2. バスタオル(術後発熱したり、寝たきりになるのでシーツの上に敷いていました)
  3. 歯ブラシ(個人で購入)、ガーグルベース(術後吐いたりしていたので病院から借りました)、ストロー(術後洗面所まで行けなかったので、うがいをする時に使用)
  4. コップ、お箸、スプーン、フォーク
  5. テッシュ(術後よく唾を吐いていたので使用)、ウエットテッシュ(ベッドを拭いたり、手を拭いたりしました)
  6. サンダル(クロックス系がいいと思います)

3、その他

  1. ふりかけ(食事制限がないのなら、ふりかけが重宝しました)
  2. 遊び道具(キッズスペースがあったのですが、小さい幼児と遊びたくないと言ったので、後半は間違い探しの本を買ってそれをやっていました。高学年になると3DSをしている子供さんもいましたが、時間を決めてした方がいいと思います)
  3. DVDプレイヤー(病院で借りられましたが、テレビカードを使うのでお金の節約であまりみませんでした。自宅にある画面とDVDがセットのプレイヤーを持ってくればよかったと後悔しました)
  4. 勉強道具(長期入院の方は病院内に学校がありました。我が家の場合は短期だったので病院内の学校は行きませんでしたが、少しずつ元気になったらドリルなどがあったらよかったな。と思いました)
  5. お菓子、ジュース、プリン、ゼリー(食事制限がなければこれらも子供の気分転換には必要でしたね)

最後に…

いかがでしたか?

部屋移動もあるので、できるだけ荷物は少ない方がいいのですが、長期入院が続くとストレスも溜まってきますので、できるだけ子供も付き添い者も快適に過ごせるよう工夫できるといいですね。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください