猫グッズ販売しています(=^・^=)

家族のために自分のために子宮がん検診を受けよう!

こんにちは。

不妊治療もしていました

看護師の松田トロです。

 

皆さんは、婦人科と聞いてどんなイメージがあるでしょうか?

生理不順、ピルを処方してもらう、子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がんなど産婦人科とは、また違ったイメージがあるのではないでしょうか?

 

今回は、2014年に私自身が初期の子宮頸がんになった時の症状を書いていこうと思います。

なぜこれを書こうと思ったかというと、年々20~30代の子宮頸がんが増えているので、できるなら毎年、子宮頸がん検診を受けて欲しいからです。

 

そもそも子宮頸がん(しきゅうけいがん)って?

子宮頸がんは、子宮の入り口にできる女性特有の「がん」です。

2012年では32,519人(上皮内がんを含む人数、含まなければ10,908人)が子宮頸がんになり、2015年では2812人が亡くなっています。

参考リンク国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターより

主な原因は性交渉で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)です。

 

子宮頸がんの初期症状は?

ほとんどの場合、初期では自覚症状がないと言われていますが、私の場合は違いました。

子宮頸がんの病期(ステージ)のⅠ期よりも小さい上皮内がんと医師から言われましたが、なんと初期症状があったのです!

それを詳しく書いていこうと思います。

1、とにかく疲れやすい

私は長男もいて更に双子を出産したので、最初はその疲れが溜まっていると思っていました。

しかし、寝ても寝ても疲れがとれなかったり、例えば天気のいい日はシーツや枕カバーを洗い、毛布や布団を全部干すという作業が今までは出来たのに、「今日はシーツと枕カバーを洗うだけでいいや…」と妥協がうまれるようになりました。

 

2、ダイエットをしていないのに体重が2kg減った

食事制限は特にしていないのに、体重が半年間で徐々に減っていきました。

(私は自分の体調管理のために3日に1回は体重測定をしています)

その頃パートの仕事を始めたので活動量が増え痩せたのかな?

と思っていましたが、診断が下る前に職場の人に

「ちょっと!頬がかけてるわよ!大丈夫?」

と心配されたほどです。

 

あと、体重が50キログラムを切って、献血が出来なかった時に

「あれ?おかしいぞ…」

と思いました。

 

3、頻尿

水分の量を増やしたわけではないのに、おしっこに行く回数が増えました。

 

4、性交後、少量の出血、性交痛

加齢により、分泌量が減り、粘膜が傷ついて出血したと最初は思っていましたが、数回同じような事があり

「やっぱりおかしい!」

と、判断しました。

 

5、おりものが臭くなる

これは一番、深刻な悩みでした。

夜にお風呂にはいっても、朝起きるとデリケートゾーンが臭いんです。

 

あまりにも臭いが気になるので、朝シャワーを浴びてから出勤するようになりました。

そして、時々生理の前後でもないのに、茶色や新鮮血色のおりものが出る時がありました。

 

6、下腹部に違和感

子供たちを座りながら抱っこする時に、子供のおしりが私の下腹部にあたると、痛みまではないのですが「何だか違和感がある…」と感じていました。

実は双子を帝王切開で出産したので、その傷口が原因?と思っていましたが、円錐切除術を実施したら違和感がなくなったので、がんが原因かも?と思っています。

 

7、両手のふるえ、めまい、腰痛

かすかに手が震える時があったり、数分間立ち上がる事が出来ない程のめまいが襲ったこともありました。

あと、腰痛も気になっていました。

 

実は、子宮頸がんがみつかるまでこれらの症状が先に出現し、神経内科(採血)、脳外科(MRI)、耳鼻咽喉科、泌尿器科(検尿、採血)、整形外科を受診していました。

 

そして、決定的な不正出血

「そうだ!3年半子宮がん検診に行ってない!すぐに行かなきゃ!」

と気づき、婦人科に行ったのです。

 

2年に1回、できたら毎年、子宮がん検診を受けよう!

3年半前に子宮がん検診を受けた時は異常なしだった私。

しかしその間にがんが発症したのだと知った時は本当に怖かったし、「何でもっと早く検診を受けていなかったんだろう…」と自分を責めていました。

思い返すとその期間は、3人の子育てと、慣れないパート勤務、保育園に子供を預けてはみたが、何度も体調不良で呼び出され、職場に勤務を代わってもらい心身ともに疲れていました。

(ダメ押しは追突事故に遭いました)

 

きっと、これを読んでいるお母さん達も、自分の事より子供を優先していると思います。

だけど、お母さんが倒れてしまったら親や夫、子供がもっと悲しむという事を忘れないで欲しいです!

 

最後に…

子宮頸がんの検査は、机の角で足をぶつけるより痛くはありません!

「お金が心配…」という方も5千円くらいをケチってはいけません!

職場の健診、検診オプションや住んでいる市町村では安く実施されています。

 

だから絶対に

2年以上

検診を受けていなかったら

子宮がん検診を

受けてくださいね!

 

出産のいきみから痔になった母親の壮絶漫画 ドラックストアの高麗人参を含んだ健康食品を試飲したら大変な事が起こった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください