猫グッズ販売しています(=^・^=)

父の初盆と、亡くなって8か月が経過し娘の心中を書いてみる

父が胃がんで亡くなってから8か月。

そして、初盆も無事終わり、今度は12月の1年忌、来年(数え)の3年忌と続きます。

父が亡くなって2か月…今の気持ちを書いてみた 4か月…父が亡くなり複雑な娘の心境を書き記す 半年…父が亡くなって遺族の気持ちは更に深い悲しみに落ちていく

父が亡くなって8か月…あっという間?それとも長かった?

時々、夢に出てくる父。

おそらく、40代で元気がよかった頃の父。

生前は嫌いな所も多かったけれど、亡くなってからは、父の優しさばかり思い出す。

  1. 遊園地や映画、美術館など色々な所に連れて行ってくれた
  2. 足の爪が伸びていたら切ってくれた
  3. 誕生日にはシャーペンやボールペンをプレゼントしてくれた
  4. 体調が悪い時、遠くの病院に連れて行ってくれた
  5. 双子を入院した時、長男を預かってくれた
  6. 双子のお世話を色々してくれた

 

なんだかんだ言って、父なりに一生懸命、子育てや孫の世話をしてくれたな…。

出来る事なら、生前にもっと感謝をしとくべきだった…。

悔やんでも悔やんでも、父はそこにいない。

残された遺族、母はもっと悲しそうだ…

病院嫌いだった父は、定年退職後、胃がんの検診を受けなかった。

 

胃がんが見つかるまでの約8年、母は家のローンを払うために仕事で忙しく、私たち3姉妹も、つわりや早産など色々自分の事で精一杯、一生懸命家族のために働いてきた父を気に掛ける時間は少なかった。

8年の間に、父はその寂しさを紛らわすためか?

庭の手入れに没頭していった。

 

重たい石を持ち上げて腰が痛いと言っていた頃、整形外科に行って痛み止めの注射をしたり、鎮痛剤を飲んでいた。

「お父さん、やせたんじゃない?」と言ったら、「腰の痛みからだ…」と言っていた。

 

自治体の便検査でひっかかり内科に行って、大腸ポリープや痔の治療はしたけれど、胃の検査はしなかった。

家族が父の口臭キツいと言っていたが、歯周病だと言って歯磨きやガムを食べていた。

 

今振り返ると、「あの時もっと早く気が付いていたら…」

とくに母親はそう言う。

 

父が亡くなってから母は、からだの不調を訴える事が多くなった。

母のお兄さんが来た時、母はまるで小さい子供に戻った感じになる。

近所の親戚のおじちゃんにも、父が亡くなる前は影で文句を言っていたくせに、今は「○○おじちゃんがいるから、草を掃ってくれるから助かる」と言っている。

配偶者がいなくなると、こんな風に変わるのか?

3姉妹で、女である私たちは、首をかしげる。

配偶者の死は一番ストレスが高いって知っていますか?

祖母の面会と、妹と母の関係

お盆に、100歳を過ぎている祖母の面会に行った。

その介護施設は、温泉が出るので、祖母の皮膚はとても美しく、80歳代に見えるほど若々しい。

そして、孫やひ孫の名前は覚えていないが、私の母と父の名前は憶えている。

 

「○○○はどうした?」

祖母は、亡くなった父の名前を私たちに聞いてきたが、母は「○○○は今入院している」と言って誤魔化した。

おそらく、祖母も何かを感じているのだろう…。

 

若い頃は私の日記を勝手に読んだり、捨てた写真を自分の家に飾ったりする変な祖母だった。

母や父をきびしく叱り、それによって夫婦喧嘩が絶えず、最悪な家庭環境だった。

(最近、夫婦喧嘩が面前DVであり、子供の脳に悪影響を及ぼすと知りゾッとした)

そして、亡くなるまで父は、祖母の事が大嫌いと言っていた。

 

「あいつが、うちの家族の元凶だよ」

妹は今だにそう言っているけれど、私はもう祖母の事は「どうでもいい」に変わっている。

 

むしろ、自分の娘に「早く死ねば?まだ生きるの?」と言われたり、施設に入れられるのも、祖母自身が周りにしてきた事のツケであり、それが巡り巡ってきたのだと思っている。

 

「人生は本当に上手くできてるな…」

祖母は実子に、もっと優しくしてもよかったんじゃないかと思う。

 

養子や親戚の子供には優しくしていたようだが、実子がこんなに祖母を罵るのを見たら孫の私は、いい気持ちはしない。

自分の子供を頼る母、子供は親の面倒を見るのが当たり前?

そういえば、私の母も祖母と同じような事をしている。

自分の子供に感謝があまりない。

 

妹が母を連れて介護施設に行こうとした時、近道を通らなかったら

「馬鹿が!能無し!」

と、怒ったようだ。

 

小さい頃は私も犠牲者だったが、大人になってからは、妹2人が犠牲者だ。

「あんたはちっともためにならん!」

これ母がよく言うセリフ。

妹たちは一生懸命、遠くの病院に連れて行ったり、手続きの手伝いもやってるのに…。

 

そもそも、親のためになる事って何だろう?

素直に話を聞いて、言われた事をすぐやって、親の介護をすることだろうか?

あと何年かしたら、そんなロボットが出来るかもね。

母と祖母から学ぶ事

私の親戚は養子が多い。

母の実家(祖父母)は養子が2人、父の実家(祖父母)も養子が1人いた。

(他の親戚も今でいうステップファミリーが多い)

 

「一生懸命育てても、実子じゃないと何のためにもならん!ほとんど今はあの人らと交流がない」

母は初盆の後にこう言った。

そして私は、それを聞いてとても悲しかった。

 

「あぁ…この人は、子供が自分にとって、ためになるかならないかで、いいか悪いかを判断してるんだ…」

 

だから私は、皮肉めいてこう言った。

 

「だけど、実子じゃない子供を育てたって事は、徳が上がるって聞いたことがあるよ」

 

それを聞いた母は一瞬表情が変わった。

「確かに…○○(祖母)はいい死に方をしたし、火事の時も風向きが変わって助かったわね…」

自分の誕生日に毒親から電話がかかってくる事について語ろうじゃないか…

母の愚痴を小さい頃いっぱい聞いてきた私。

おそらく小さい頃だったら、絶対的な親の意見をそのまま受け止めただろう。

しかし、もう私は子供ではない。

親の意見が正しい、正しくない事も判断でき、選択できる。

 

愚痴を言っている母の顔は、口が曲がって、眉間にしわが寄って醜い顔だった。

私はあんな醜い顔を見たくない。

 

自分の子供には、100%無理かもしれないけれど、何かしてもらったら

「ありがとう」

と言いたい。

いや言う!!

 

悪い意味で、いい見本がいるので、それをマネしないよう今後は家族を大切にしていこうと思う。

だって私は、祖母や母のようになりたくないから…。

父の1年忌が無事終わりました 【曹洞宗】法要のお布施、改葬や納骨堂購入こんなにかかりました 父が亡くなって2か月…今の気持ちを書いてみた 4か月…父が亡くなり複雑な娘の心境を書き記す 半年…父が亡くなって遺族の気持ちは更に深い悲しみに落ちていく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください