猫グッズ販売しています(=^・^=)

2人が愛しあう事は生産性がないのか?グッド・ドクター第7話を見てあの政治家を思い出す

どうも!

看護師の松田トロです!

 

第7話のグッド・ドクターは、左の卵巣を14歳の時に摘出した倉田菜々子(福田麻由子)が、同じ職場の保育士にプロポーズを受けた直後、右卵巣奇形腫になる話でした。

子供が大好きな2人にとって、子供ができにくい、子供を産めないという選択はかなり過酷な問題だったと思います。

しかし、ラストの方はそれを乗り越え、ある可能性を秘めつつ2人で生きていく選択をしました。

 

そして、この第7話を見て私は、自民党の杉田水脈衆議院議員による月刊誌「新潮45」のある主張を思い出しました。

そう…問題のコレです…↓↓

「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。

彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」

何でこんな奴が国会議員なの?日本終わったwww

そもそもLGBTのカップルだって納税者なんだから税金使って悪いの?って感じですがw

こんな事を国会議員が言うなんて日本終わったとしか言いようがありません。

 

あとさ!

子供がいてもいなくても

2人が愛しあってればそれでいいじゃん!

 

それなのに

「生産性」って…

国民馬鹿にしてるよね?

 

そもそも不倫とかしてる議員が多いんだから、お前たちの給料減らせよ!!

って感じwww

第7話グッド・ドクター1番の見どころは「愛」

プンプンプン!

おばちゃんは怒ってるぞ!

こんな事をいう奴にはグッド・ドクターの第7話を見せてやりたい!

 

私が第7話で一番号泣したところは、保育士菜々子さんの手術が終わって彼氏がベットで付き添っていたシーンです。

 

「菜々子と一緒にいるオレは、間違いなく幸せだって…だからオレと結婚してください」

 

あぁ…この言葉…

最高です…

 

あなたがいるから

幸せ…

 

そう言ってくれる人が世の中にいるだけで、生きている意味を見いだせるっていうか…

を感じれる存在が、今この瞬間、この空間にいるって本当に素敵な事ですよね…

 

それから、院長が湊先生を思う気持ちもですよね…。

その他、第7話グッド・ドクターの見どころはココ!

 

今回の話で、「100万回生きたねこ」という絵本がキーワードになってくるのですが、実はこの本、まだ読んだ事ないんですよね…。

近々図書館で借りたいと思います。

 

そして、湊先生の

「胸がキュっと痛くなるのは、狭心症か肺炎の症状が考えられます!」

っていうセリフもいいですよね(笑)

 

研修医の中島先生とも、グッジョブ!しましたし、後は小児科病棟がどうなるかですね(>_<)

第8話も楽しみです。

以上、夜9時からハゲタカを見て興奮して、10時のグッド・ドクターで号泣するパターンの松田でした!

ではでは!

【涙涙】すべての子どもが大人になって欲しい!グッド・ドクター最終回ネタバレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください