猫グッズ販売しています(=^・^=)

看護師に向かない人【5選】

どうも!

看護師の松田です。

今回は、看護師に向かない人を5つ紹介します。

体力に自信のない人

看護師の仕事は、立ちっぱなしが多く、夜勤など不規則な勤務や様々なウイルスや細菌に接する機会が多いので、体力のない人は看護師に向きません。

それでもどうしても看護師になりたい方は、筋トレや体質改善等を駆使して体力をつけるか、忙しい病院は避けた方がいいでしょう。

手先が不器用な人

手先が不器用な人も看護師に向きません。

採血10回失敗とか論外ですw

 

以前勤務していた時、ある看護師さんが膀胱留置カレーテルのバルーンを尿道で膨らませ(本当は風船のように膨らむバルーンは、膀胱に入っていないといけない)、レントゲンでドクターが見つけ激怒した事件がありました。

その看護師さんは、結構新人でもやらないようなミスを繰り返す方で、包帯を巻くのも下手でしたね…汗

引用リンク医薬品医療機器総合機構

最初は出来なくても、練習したら出来るようになるのが普通ですが、やはりある程度のセンスは必要だと思います。

血が怖い、尿や便に抵抗がある人

私の夫は、採血の血をみるだけでも気分が悪くなりますが、そういった人は看護師に向きません。

また、尿や便に対して抵抗がある方も向きません。

「看護師さんて、よく排泄物触れるよね~」

と、言われますが、手袋やマスクをしていますし、それが仕事なので私は特に抵抗がなく、むしろ尿や便が出ないと逆に心配になります。

協調性がない人

看護師になって分かったのが、この仕事は1人では決して出来ないという事です。

医師や医療事務、理学療法士や作業療法士、看護助手など様々な業種と連携して患者さんをケアしていきます。

なので、協調性がない人は看護師には向かないと思います。

性格に問題がある人

協調性とダブるかもしれませんが、性格に問題がある人も向きません。

例えば、

①人の話を聞かず自分の話ばかりする人

➁人に興味がなく自己中心的な人

③人のせいにばかりする人

④弱い者いじめをする人

⑤嘘を平気でつく人

⑥切り替えができない人

です。

昔、介護施設で働いていた時に、面倒な仕事が始まると、「スー」といなくなり終わった頃に出てくる人がいました。

その人は結局、みんなにバレて移動になり、その場所でも同じ事をしたため解雇になったそうです。

 

また、新人いびりをする看護師さんもいましたね…

マウンティングなのか?自分に自信がないからするのか?よくわかりませんが、そんな事をして一体何が楽しいんでしょう?

いじめによって辞めていく人や、逆にいじめている事が医師にバレてコテンパンに論破されている人も見てきた私のとしては「性格に問題がある人」と仕事をするのは、余計なHP、MPを消費するので、来ないで欲しいです。

 

以上、看護師に向かない人を5つ紹介しました。

ではでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください